田中欣一の緊縛写真が購入できるサイトです


★ これが伝説のはじまりだ!

1969年 日本大学藝術学部を卒業した田中欣一は、知人の紹介により、東映製作所に嘱託カメラマン
となる。

天賦の才を持ち合わせた田中は、カメラマンとして諸先輩たちを差置き、東映のヒット作品のスチール撮影を担当することとなる。

『キイハンター』、『プレイガール』は、彼が担当した作品である。

この作品に於いて、誰もが彼の類まれなる才能を認め、一目置かれることになる。

1971年 彼はわずか2年という短い期間だったが、テレビ・映画業界で大きな足跡を残し、新しい世界に飛び込むことになる。

それが、ピンク映画である。 すにで映画・テレビ業界では名を馳せ、自らの作品には自身を持っていた若き写真家は、東映という看板の元でカメラマンとして 将来を約束された存在ではあったが、ある日、 ピンク映画で撮影されるスチール写真が、あまりにもひどい作品であることに気がつき、 大きなビジネスチャンスの可能性を閃くのである。

それが、ピンク映画のスチール写真を無料で撮影する代わりに、撮影した作品をピンク雑誌に販売するというビジネスなのである。 このビジネスモデルは彼が予見した通りに大ヒットし、彼は一躍ピンク業界の寵児となるのである。

70年代、80年代のピンク映画・ロマンポルノブームにより、彼は800本にも及ぶ膨大な作品のスチール撮影を担当をすることになる。
さらに、この800本の作品の中で緊縛映画では、緊縛師としても活躍することになり、緊縛作品に於いては「田中欣一」は 無くてなならない存在となるのである。

緊縛写真家と呼ばれる所以は、この時代の彼の活躍から尊敬の念を込めて、誰からとも無く彼をそのように呼ぶようになるのであった。

1988年 ピンク映画の衰退と共に彼は、「緊縛写真家」という肩書き引っさげ、SM愛好家のバイブル「S&Mスナイパー」でグラビア担当となる。
そして、「S&Mスナイパー」をきっかけとして、その後、多くの雑誌に於いて緊縛、豊満、熟女、etcジャンルを問わず、彼の作品はアダルト雑誌のグラビアを飾るのだった。
彼が撮影する作品は多くの読者に支持され、特に「S&Mスナイパー」では廃刊になるまで第一線のグラビア写真家として活躍することになる。

2010年 70年代、80年代、90年代のアダルト、特にピンク映画・緊縛の世界で、他の追随を許さないテクニックで業界を駆け抜けた天才写真家は、 第一線を退き、自らが経営するスタジオで次世代のカメラマンたちを見守る立場にある。 若き日の自分を思い出しながら.....


「アダルトのモデルって興味あるけど...ちょっと心配」という
女性の方々。

Q.モデル未経験だけど大丈夫かなぁ...
A.素人さんのそのままの姿を撮影したいので、
 一切の演技は必要ありません。
 撮影時のポーズなどはカメラマンがやさしく指導します。

Q.大勢のスタッフに囲まれてするのは抵抗があるなぁ...
A.ご希望によりカメラマンと二人きりでも可能です。

Q.変なプレイを強要されたら嫌だなぁ...
A.事前に嫌な行為などがあればお知らせください。

Q.容姿、体型に自信がないんだけど...
A.素人らしさを追及し、様々な男性の趣向に向けて公開して
 いますので、容姿、体型などは、こだわりません。
 ※場合によってはお断りすることがあります。

Q.お金はいつ払ってくれるのかなぁ...
A.撮影終了後にすぐにお支払いします。

Q.顔バレされたくないなぁ...
A.顔出しNGでもOKです。


会員規約 |  特定商取引法 |  個人情報の取り扱いについて